open solaris で webmin を

公開日: 

どういうわけか、 Open solaris などという 見たことも聞いたこともあるが、あんまり触った事の無いシステムを触る羽目になってしまい、日々苦労しています。

ZFSなんてファイルシステムがあって、コマンド一発でRAIDが組めたりするんですけど...本当にちゃんと意図した通りに動いているのか、簡単すぎて逆に不安だ。

なんというか、昔のイメージと違って、LINUXの影響なのか妙に簡単になっているようですが、Webminでちょっと苦労しました。

普通にパッケージマネージャーからインストールできるので、勝手に動いてくれると思っていたら大間違い。
変に癖があります。(opensolaris 2009.06 の場合)

1. パッケージをインストールしたら、コンソールから root 権限で webminsetup (/usr/bin/webminsetup) を走らせます。

普通はこれでOKのはずなんですけど、このままではなぜか、どうがんばっても login できません。
で、色々調べてたら ここ に行き当たったのですが、残念ながらここの方法は本家の webmin.com から引っ張ってきた時の方法のようで、sun直々のパッケージで入れた場合とはパスが異なるようです。
んで、結局 ここ に書いてあった ここ の情報で正解だったようで、

2. /usr/sfw/lib/webmin/changepass.pl /etc/webmin root ****(パスワード)

として、めでたく webmin に login できようになりました。めでたしめでたし。

それにしても、なんで Solaris はこいういうところで素直じゃないんでしょうか?
Linux ではすぐに動いたような気がするので、なんだかアレです。
ロールベースとか、そんなんが悪さをしているんでしょうか?
はっきり言って、solarisビギナーな私にはよくわかりません。

しかし、ZFSはよさげな感じ。
RAIDがあんな簡単に出来てよいのでしょうか?
しかし、やっぱり、なんか不安。簡単すぎて不安。
ま、これからは Webmin も使えるし、あんまり面倒じゃないんじゃないだろうか?
などと、あえて自分のやる気を削がない為に、楽観的に考えてみたりして...

PAGE TOP ↑