Webmin 変になる。

公開日: 

Webminですが、変なところを触ったらしく

一部のadmin権限で入っても一部のモジュールしか見えなくなりました。

具体的にはこんな感じ。

どうやっても治らないので、setup.sh を再実行したけど、やっぱり治らない(泣)

設定ファイルみてもよくわからん。
しかたがないので、etc/webmin 下のファイルを全部消して、setup.sh を実行したら、治った。

あまりお薦めできる対処方法ではありませんね。

どうも、Solaris はイマイチ使い勝手が悪い。
玄人向けといえばそれまでだけど、Linuxのラクチンさに慣れた身には、
まるで、Unix風OSを使い始めた頃のような、
「これを使いこなせばなんでも出来るはずなのに、どうすれば使えるのかわからない...」
というような歯がゆさを感じる。

どうしてPHPのパスは勝手に通してくれないのか…
なぜ、デフォルトでWebminからMySQLを触れないのか…
(なぜか、モジュール設定でPathが正しく設定されていない…ちゃんと設定すればちゃんと使えるようになるみたい)
なんで、CPANから勝手にモジュール取ってくるくせに、makeの途中であきらめるのか...

こんなの、昨日今日使い始めたヤツに理解せよという方が無茶ですよ。

だからWebminなんかを使って、なんとか乗り切ろうと思ってるんだぜ?
と、つぶやいてみたり。

でも、コンパイルが通らないのは困るので、無い知恵を絞って原因を調べたら、
cc (gccへのリンクだけど、Solarisなのにgccで本当に大丈夫?)  へのPATHがrootで通ってなかった。

がっくり。

一体Solarisはどうなってる??
セキュリティの為とかなのか???

わからん。

本物のUnixというのは魔物のように感じます。
あきらめてしまうかもしれません。

ZFSはとても良いファイルシステムだと思いますが、
他はちょっと…

RPM使えるようにして欲しいのですが、ダメですか?

PAGE TOP ↑