Access で USBカメラを。再び。

以前、Access で USBカメラを。的な話題を書きました。

http://www.matsumasa.com/blogs/codetech/archives/365

実際に以前の記事を参考にプログラムを動かすと、微妙に不具合がでます。
Access2013の場合だと、動いたり、動かなかったり。
規則性がありそうなのだけど、APIを使っているので根本的解決というのが難しい。

で、あれの解決を独自にやってしまいました、C#で…が、しかし…
うーん。ちゃんと動くし、カメラキャプチャも保存もDB登録も、いやぁ、我ながらなかなかの出来なのですが…

ちょっと、これを一般向けに提供は難しい。めんどくさい。
反則的というか、C#とAForge.NETで作ったツールをVBAで呼び出すのですが…これのライセンスどうなんだろう?…めんどくさい。
アメリカあたりのアレはすぐに訴訟沙汰になるからなぁ。面倒に巻き込まれるのはゴメンです。

申し訳ないけど、AForge.NETでUSBカメラから画像キャプチャは本当に簡単に出来てしまうので、各自でがんばって下さい。
多分、半日もあれば実用的なのが出来ます。

私は、ちゃんと仕事しながら、その日のうちにできました。
仕事って、プログラミングではないですよ。本業の方です。

では、がんばって下さい。

追伸

さて、AForge.net についてはLGPLというライセンスを適用されているらしく、
そのライセンスについての制限や、リンクや再配布について読んでみたが…
正直よくわからない。
ソースファイルの公開は必要ないみたいだが、リバースエンジニアリングを妨げてはならないとかなんとか。
うーん、うーん。
よくわからない。

も、ええか。めんどくさいからやっぱりやめとこ。