単純パーセプトロンのアルゴリズム

なぜか Python を使うのが、AI業界では標準らしい。
言語はなんでもええと思うんやけどなぁ。

で、こちら
単純パーセプトロンの解説・実装

単純、明快です。パーセプトロンの説明で使われる数学記号の難解さにくらべて、超単純なプログラム。
最初からこれを提示してくれればええやんか。と、思うぐらいです。

さらに、こちら
【Python】単純パーセプトロンの重み計算(勾配降下法・最急降下法)

ほとんど同じ内容ですが、学習部分がちょっと違います。
でもね、個人的には、これソース間違ってると思うんですよね。
重みとXの添え字はどうしたの??なんで無いの?無くても動くもんなのPythonて?
そんなアホな!
動かす環境が無いのでなんともいえませんが、Pythonの書式をちょっと調べた限りでは、配列に添え字が無くても動くような言語では無いと思います。
まぁしかし、ちょっといじればちゃんと動くはずです。
ソース自体は短くて簡単なものなのですから、ちょっとぐらいは頭使って修正せよ!
と、いう事なんですかね?

単純なだけに派生も色々あるようです。

【解説】東北きりたんと学ぶ、ディープラーニングの解説動画

これ見たら、上の2つとちょっと違うもんね。…多分。
あれ?ちがわないんかな??

ここから先に進むと、多層になってディープラーニングになって行く、らしい。
バックプロパゲーションに微分が必要という時点で、俺はもう頭が受け付けないけどね。
無理っす。