おそろし X(GNOME) 死亡

サーバ設定を嫌々嬉々として行っている訳ですが、 そんな訳で、様々なプログラムをインストールしたり起動しないようにしたりしています。 さて、そんな風にあそんでいるうちに、Xがおかしくなりました。 大昔にどこかで見たことがあ  (以下省略)

(ここをクリックすると、全文が表示されます。)

Linux Raid1+LVM

さてさて、Linuxの世界に戻ってきたのですが、 そういえば、Linux で raid なんか組んだこと無かったのを思い出しました。 そういう事で、あちこち見て、一応Raid1+LVMで環境を構築。 両方のディスクにGR  (以下省略)

(ここをクリックすると、全文が表示されます。)

もう、あきらめました。

OpenSolaris を、なんやかんやといじらされていた訳ですが、 結局、私の能力では無理なんだという事がよくわかりました。 あれは、時間と能力がいっぱいあるエラい人が、手間と暇とコストを掛けて実用に耐えるように磨き上  (以下省略)

(ここをクリックすると、全文が表示されます。)

raid1 と ZFS に関してブート環境で悩むが、とり越し苦労だったようです。

さて、SUN MICIROSYSTEMS という会社が開発したZFSというファイルシステムが、 とても先進的でシビレルのは、既に何度か書いている通りです。 しかし、ブートディスクをミラーリングしている場合、 zfs at  (以下省略)

(ここをクリックすると、全文が表示されます。)

cpan Net::SSLeay installできた…んだかどうだか。

さて、Perl 使いではない私ですが、 OpenSolaris で Webmin を使うのに大変苦労しています。とほほ。 そんななかでもとっても困っているのが、必要であろうPerlモジュールが素直にインストールされてくれ  (以下省略)

(ここをクリックすると、全文が表示されます。)