遭難・救助が増えています。

登山ブームと言われて久しいです。
金剛山も、ありがたい事に登山者が増えています。
しかし、ルール、マナー、準備、等々の不足している人も増えているのは困ったものです。

ルートを確認せずに登山に来て、道に迷う事例が多発しています。
ルートがわかっていないと、いざ遭難した際に救助に適切な案内ができません。

転落・滑落事故が数件発生しています。
危険な場所には近づかない。滝を上から見ていて転落した。突然、崖に行き当たり、勢い余って転落してしまった。そういう事故も、注意深く行動したり、事前に調べておけば防げる事故です。

不幸な事故を予防するためにも、登山には危険が伴う事を認識して、ルールを守り、事前の準備をしっかりと行うことが大切です。
事故は多くの人に迷惑を掛けるだけでなく、あなた自身に取り返しのつかない怪我や障害を残す結果となる事もあります。
私達は、安全に楽しく登山を楽しんでもらいたい。そして、笑顔で帰宅して、また金剛山に来てもらいたいと思っています。

事故に合わないように、注意深く行動しましょう。
山は楽しい所ですが、危険もはらんでいる事を十分認識しましょう。
楽しい登山で、笑顔で帰宅できるように、注意深く行動しましょう。

お願いします。

«     »