金剛山と千早


千早というのは金剛山の大阪側の地名ですが、なぜに千早なのかは不明です。
由来はわかっていません。

金剛山には、高天という地名が奈良側にあり、高天原(たかまがはら)であると言われています。
高天原は、古事記に天津神(天の神様)の住まう場所とされているそうです。
そして、千早という言葉は神にかかる枕詞として知られています。
ですので、金剛山周辺は古代には神の住まう場所として認識されていたのかもしれません。

それにしても、千早という言葉は広く知られているわりに、由来については全くはっきりしません。

一般的には、日本で神事に用いられる衣装(巫女の着る上着?)の事を千早と言うそうです。そんな事は、全く知らんかったけど。

千早という地名は、大阪以外に福岡と東京にあるそうで、
恐ろしい事に福岡の千早も東京の千早も超都会です。うらやましい。

福岡の千早にはJR九州と西鉄の駅があり(千早駅) みどりの窓口やファミマもあるそうですし、国家公務員共済組合連合会千早病院 なんてのもあります。
国家公務員共済組合連合会といえば、虎の門病院(東京)とか、大手前病院(大阪)とか超一流で名の通った病院を抱えている事で知られています。
「ちくしょう、なんなんだよこの充実ぶりはっ!」と、ジェラシーを感じるくらいです。

東京は豊島区に千早という町名があるらしく、千早1丁目から千早4丁目までの人口は11701人(2008年データ)。 人口は激しく負けていますね(泣)。
首都高中央環状線に接しています。東京メトロの駅は、要町が近いです。
山手線よりは外側ですが、なんだか便利そうです。

本家を自負する千早赤阪村千早地区(元の千早村)ではありますが、都会度ではどうしても勝てないようです。
鉄道駅は望めない立地ですし、コンビニなんて、21世紀に入って10年も経過しているのに、影も形もありません。
病院も、入院施設のある医療機関は村内にありません....

なんとかしないといけない気がします。
どうしようもないんですけど。