金剛山と役小角/役の行者


役小角(えんのおづぬ)をご紹介します。
役の行者(えんのぎょうじゃ) というのが通称で、こちらもよく使われます。

金剛山に縁のある歴史上の有名人として、この人は外せません。

修験道の開祖と言われています。

金剛山に所縁のある歴史上の人物として最も古い年代に登場します。生没は634年~706年と伝えられています。
同時代の人物としては、中大兄皇子、中臣鎌足、蘇我入鹿 等がいます。 大化の改新(646年)の時代ですね。

大和国葛城上郡茅原(現在の奈良県御所市茅原)に生まれ、元興寺(奈良市 南都七大寺の1つ)で高麗の僧から学んだとされています。孔雀明王の呪法を修めたとされています。インテリですね。

その後、金剛山、熊野、大峰山 で修行に明け暮れ、神通力を会得します。
役の行者の修行には際限が無く、遠く出羽三山や鳥海山でも修験道を広めています。新幹線の無い時代にすごい話です。
また、鬼人を呪で縛って使役したというのも大変有名で、役の行者の肖像では、前鬼・後鬼と呼ばれる鬼が一緒である事が多いです。

さて、晩年の役の行者は謀反の疑いを掛けられて伊豆大島へ流されます。
しかし、この超人にとっては流罪など意味が無かったようで、毎晩海上をあるいて富士山の山頂まで行っていたとか、飛行術を会得したとか、とんでもない伝説が今に伝わっています。
後に謀反の疑いは晴れて、金剛山へ帰ってきたとされています。

さてさて、このように伝説的な話が多いのですが、それほどの超人だったのかもしれません。
イエス・キリストの奇跡も、現代の我々が聞けばちょっと話大きすぎと思ったりするのと同様なのかと思ったりします。

中には、朝鮮半島、新羅の山中で、五百匹の虎に交じって道昭(遣唐使として唐にわたり、玄奘三蔵に師事して法相教学を学んだとされる僧)の講義を聴き、道昭に質問した、なんてものもあります。

さて、そんな様々な力をもった 役の行者 が開基の転法輪寺が金剛山の山頂にあります。

一度、訪れてみてはいかがでしょう?