精度

いろいろなものの精度が上がっているのに、

なぜ、天気予報の精度はイマイチ上がっていないように思えるのだろうか?
台風なんかはわりとよくあたるのに、

ゲリラ豪雨なんかは、まぁ当たらない。

スパコンなんかを使ってるのに、なぜだろう?
これが当たるようになれば、株価や為替の動きも当たるようになるのか?

それとも、量子コンピューターでも外れてしまうものなのか?

そういう未来を、少し覗いてみたい。


すい臓ガン の治療?

ハイパーメディアクリエイター(って、もう言わないのかな?)の高城剛さんが、最新検査ですい臓がんリスクの高いことがわかり、驚きの予防治療を施したと言う。

高城剛氏が語る「最先端医療の衝撃」  

テクノロジーの進化は、どんどん高度になるばかりではないんだなぁ。

予防法が簡単過ぎる気がしますが、えてして知識が足りないと言うのは、そういうものだと思います。

この予防法なんて、どんどん推進すれば、悲劇が減らせるのにと思います。

明日から、ミカン食べようと思う。


ガンジス川でバタフライ

ガンジス川でバタフライ
を、する気はありませんが、面白い。

旅の企画も個性の時代か。

個人的には、

「世界のカジノを巡る旅」とか、

「グルメ旅世界一周」とか、

「5大陸の高層ビルを巡る旅」とか、

巡る系ばっかしやな。

まぁ、そういう旅がしたいです。

などと、台風の中思っている。


大臣に、なれるかどうか。

まぁ、

大臣になりたいんだろうなというのは、伝わってきます。

竹本先生インタビュー

しかし、

じゃあ、なんで共産党と手を組んだの?

じゃあ、なんで共産党の街宣車に乗って演説したの?

自民党代議士で大臣になりたい人が、一番やってはいけない行動だと思いますよ。

安部さんだって、そういうところはちゃんとチェックしてると思います。


カネを奪われている。

SNSに投稿して、

その時間と手間は大変なものなのだけど、

特に見返りはない。

でも、運営はその投稿に見あった広告を表示し、個人の趣味や嗜好、位置、行動もでも把握し、あまつさえ、それをビッグデータと表して販売まで行っている。

個人の行動が運営の利益になっている、ということに、理不尽さを感じるんだけど、

俺だけなんだろうか??

俺が産み出した価値を、一方的に奪われているのが、おかしいと思う。

もちろん、インフラ整備や開発にカネがかかっているのは確かなので、適切な対価を運営が得ることに文句はない。

しかし、現状では全ての利益を運営が持ち去っている訳で、なんで誰も文句を言わないのかが不思議でならない。

あなたは、どう思う?


鶏のレモン煮

ふと、思っただけですが、

鶏のレモン煮 が食べたい。

その昔、神戸元町の東亜食堂でよく食べました。

他で食べたことがなかったので、オリジナルなのかと思っていましたが、

香港で街角の店でメニューにあったのを食べたら美味しかったので、中華圏ではポピュラーなのかもしれません。

なんで日本で普及しなかったか…

あんなに美味しいのに不思議です。

ああ、また食べたいなぁ。


金儲けのまとめ

金儲けのまとめがあったので、とりあえず。

http://matome.naver.jp/topic/1Lvrv


4年で1億

たまに見かけますね。

ブログで1億円 とか、FXで一億円とか。

否定はしません。
どちらかというと、うらやましいなと思いますし、
そんな風になりたいもんだと思います(笑)

だれだってそうでしょ?

そういうのをすこし調べて、できることはやってみようかなと思います。

1億とは言わないまでも、1/10の成功でも1000万円ですからね、
これは大きいですよ。実際。

宝くじよりも現実的に思えるブログで1億円に、
遅ればせながら、俺もチャレンジしてみよう。

これは、その第一歩です。

 

起業して4年で1億円稼ぎ
家族と沖縄に移住した元サラリーマンのブログ
http://yk-yk.com/


航空機産業は国家の命運を握る

石原慎太郎さんの意見です。
航空機産業は国家の命運を握る…MRJは米国に気兼ねせずもっと大型にすべきだった

確かに、大型航空機や戦闘機の開発能力は、国家の命運を左右すると言っても過言ではないかもしれません。
アメリカやロシアの航空戦力は巨大だし、中国は必死で追いつこうとしてます。
中国みたいな危険な国が隣にある日本としては、やはり航空機開発については最先端レベルを維持する必要があります。

で、とりあえず、737ぐらいの大きさの旅客機については、川崎P-1を双発にして旅客機にすれば、一番手っ取り早い気がします。
今のところ、防衛省も川崎も、表面上はそういうつもりは無いようですが、野心としては無いことは無いでしょう。
世界初のフライバイライト機ですし、
期待したいものですね。

アメリカは横槍を入れてきそうですけどね。

 

”航空機産業は国家の命運を握る…MRJは米国に気兼ねせずもっと大型にすべきだった”
http://www.sankei.com/smp/economy/news/160118/ecn1601180007-s.html


化血研が悪い! という単純な話でもない。

なかなか、
「化血研が悪い!」とも言い切れない、
医薬業界の根深い業のようなものを感じました。

http://www.huffingtonpost.jp/yasushi-kawaguchi/blood-products_b_8925468.html

 

(続きがあります。ここをクリックして続きを読む…)


次ページへ »