アメリカの航空会社 シビアやな

アメリカの航空会社ですが、
なんだか知らん間にアメリカらしくないというか、いや、アメリカらしくなったというか、
おおらかさは姿を消して、とてもビジネスライクになってしまっているようです。

どちらかというと、LCCのようなサービスに近づいているというべきなのでしょうか?フルサービスの会社やのに。
座席指定がサイトからできるのですが、窓際や通路際は指定が有料になっています。
なんじゃこりゃ?

日本で乗った航空会社だと、Peachが前後の座席間隔が広いシート(主に非常口)とか、最前列は指定が有料でした。たしか700円だか800円取られました。

しかしアメリカの航空会社は、太平洋を越える路線だからでしょうか、160ドルとかします。高いよ。

なんとか通路際を取れないのかと四苦八苦したところ、たまたまタイミングが良かったのか、はたまた、マイレージに入って媚を売ったのが良かったのか(笑)、無料の通路際席を確保できました。

まぁしかし、10時間以上過ごす事を考えれば、160ドルとか180ドルとか払って前後間隔が広い席とか、通路際席とかを確保したいと考えてしまうかもしれません。私の場合はトイレが近いですから、何度もトイレに行くかもしれないわけで、通路に出るのに他人に気を使いたくありません。真夜中に寝てる人の上を越えていくのも大変ですし、気兼ねなくビールを飲むことも出来なくなってしまいます。飲み放題やのに。
それよりも、トイレに行くのを我慢して水分を控えると、エコノミークラス症候群なんかになってしまいそうな気もします。

これは、ある種永遠の課題と言えるかも知れません。しかし、ビジネスやプレミアムエコノミーの乗れない貧乏人からもカネをむしりとるこのシステムは、相当えげつないな。

好きなように席を指定できたちょっと昔が懐かしく思える程です。
数年前のキャセイは、空いてれば無料で席をどこでも指定できましたが、今はそんな事もうないんだろうなぁ。

ある意味、ITの進歩が招いたこの課金。正直言ってやな感じです。

海外へ行くなら、カネだしてビジネスやプレミアムエコノミーの乗れって事なんでしょうねぇ。
うーん、カネ稼げてないからなぁwww。

しかし、窓際の指定も有料なの?あそこに座りたいヤツっているん?子供ぐらいじゃないの?
世の中は俺と考え方が違うらしい。


«     »