THE RIDE

公開日: 

ニューヨークでブロードウェイそばに泊まっているくせに、全くミュージカルに興味が無い私。
どうせ見に行っても寝てしまうだけでもったいない、が、全くエンターテイメントに触れずに帰ってくるのも、ニューヨークへ行ってきた意味が無い…ような気がする。

という理由で、きっと寝ずに楽しめるであろうアトラクション THE RIDE の予約をした。

さて、約束の時間にChevy’s の前で待っていると、窓の全く無いバス登場。係員の指示に従って搭乗。

中に入ると、バスは進行方向左側は下から屋根まで全面窓になっている。座席は横向き階段状についている。劇場のような座席配置となっている。
つまり、バスは片側全面ガラス張り。そこに向かって階段状に座席。だから、反対側は窓なし。動く劇場といった感じ。

出発して40分程は、2人のガイドのトークが炸裂してみんなを笑わせているが、もちろん英語なので何言ってるのか全然わからない。多分わかったとしても、吉本に鍛えられている大阪人としては、半笑いか苦笑いのアメリカンジョークの応酬だろうから、わからなくて幸せだったかもしれない。

ウリのパフォーマンスはどうした? バスにゆられて、英語でまくし立てられて、眠気がスーっとやってきた。
ああ、だからミュージカルを選ばなかったのに、いつまで喋りをするんだよ、70分程度のツアーなんだろこれ?いい加減ウリのパフォーマンスやれや! つまんねぇんだよ、眠いよ、カネ返せよ…zzz

バス停車。もうええわ、いい加減降りたい。
そんな風に思っていた時に、やっとパフォーマンスタイムがやってきた。時間配分悪くない?

普通の一般の路地でブレイクダンスを繰り広げるパフォーマー、通りに居合わせた一般の人々の驚き、魅入る我々バスの乗客。

すばらしい。

今の今まで「このツアーはクソだな」などと思っていた事も忘れ、やっとやってきた上質のエンターテイメントに素直に歓声が出る。
パフォーマンスは素晴らしかったが、楽しい時間というのはあっという間に過ぎていくもの。ものの数分でバスは移動していく。

その後、街角で出くわすパフォーマンスには、バレエあり、ストリートミュージックのライブとマイクパフォーマンスあり、ラップあり、大変すばらしいものだった。

自信を持って、このツアーには参加すべきだと皆さんに推薦できます。

でも、英語ができないと最初の数十分は本当に意味が無い、正直言ってしんどいですから、その点は覚悟しておいて下さい。
たまに、日本語のツアーも企画しているようですけれどね。

パフォーマンスについては毎回変わって、何に当たるかは運みたいなもののようなので、そこも含めて楽しめると思います。
同じパフォーマンスばっかりだと次行った時に楽しめないだろうし、色々なパフォーマーをその時々に楽しめるというのは、ニューヨークらしいとも思います。

 

Good / Share / Link

NEW エントリー

2018.12.07 Fri
100億円
2018.12.06 Thu
PayPay
2018.11.25 Sun
QUEEN
PAGE TOP ↑