Smithsonian National Air and Space Museum

公開日:  最終更新日:2017/12/19

さぁ、この旅最大の山場と言える、スミソニアン博物館群の一つ、
国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)だ!

この旅の目的の8割は、ここに来る為にあった。
と言っても過言では無い!
ついに来たぜ!
スミソニアンは入場料が無料なのもありがたい。貧乏旅行者の味方だと思う。

本当は、明日にしようと思っていたけど、おもったより時間が余ったのでやってきた。
時間は4時ぐらいだったか?閉館は5時半らしいから、1時間半見れる。
ここで大半を見れたなら、本当は明後日に予定していた国立航空宇宙博物館別館(ウドバーハジーセンター Udvar-Hazy Center)に、前倒しで明日行く事ができる。

お決まりの荷物チェックを通り、中へ入る。
うおおおおおおおお!
ロケットロケット!!
アポロ宇宙船!アポロ宇宙船!

アポロとソユーズ

2階行くぞ2階!
X15か? ライトフライヤーの本物が展示されてる?うわーうわー!

X15

元からまとまりの無い文章が、さらにまとまり無くなるな。
見たことのある飛行機や宇宙船がそこかしこにあふれている。
見たこと無い飛行機もうじゃうじゃある。
今はなきノースウェストの747ジャンボの輪切りなんかも展示してあり、すごい。
色々有って書ききれないが、一番の目玉があるとすればこれだろう。

ゼロ戦。

ゼロ戦が2階の西の方の展示室にある。
ちょっと感動ものだ。

ゼロ戦

同時期の大戦期の戦闘機が集められて展示されているが、もはやゼロ戦しか見ていない。
来てよかった。

8割方見たところで、閉館のお知らせ。
もうちょっとなのになぁ。
残念だけど、ほとんど見ることができたので満足。
これで、明日は心置きなく別館の方へ行くことができる。

明日朝から別館へ出かける事に決定!

X-45A

ライト フライヤー

月の石
実際にさわれる

 

Good / Share / Link

NEW エントリー

2018.01.20 Sat
いまさらながら
2018.01.19 Fri
孤独担当大臣
2018.01.19 Fri
紙の通帳
PAGE TOP ↑