離陸

公開日: 

ベトナム旅行記 2015年

定刻通りにゲートクローズ。そのまま離陸。
快調に飛行しているが、どこを飛んでいるのかさっぱりわからない。最近ではめずらしい。
シートは狭い。一応なんだか天井モニターでは流しているが、つまらないアメリカンギャグ。嫌すぎる。

しばらくして、ちょっとだけ飛行経路を表示してくれた。九州から東シナ海へ出るぐらいの位置で昼食が始まった。
まずいと聞いていたけど、特にそうでもない。美味いとは言い難いが、普通に普通の機内食。だまされた。
ちゃんと全部食べた。
飲み物はスパークリングワインも選択できる。エコノミークラスではあまり出たことが無い飲み物。大変結構。

食事の後、映画が始まる。
ベトナム語字幕で英語の映画。日本発便だという事を完全に無視した放映。をいをい。
どうやら、大戦中のイギリスでドイツの暗号を解くストーリー。では、エニグマとかだろうか???などとあたりをつけていたが、後で調べたら、やっぱりそうだったらしい。
なんというか、機内エンターテイメントの説明も一応あるんだけど、A330とかB777用の個人用IFE用の説明しか見当たらなくて非常にうっとおしい。
ホーチミン行きは機材が大きいようなのでそれでいいのだろうけど、ハノイ便もなんとかしろよ!

半分寝ながら見たので全く内容はわからない。まぁ、エニグマの暗号を解いたのは歴史的事実なので、そういう風になったはず。
やっと経路の表示になって、香港の北西ぐらいの位置、中国国内上空。ルートを見ると、上海の近くから中国国内をずっと飛行。香港へ行くときは大抵台北上空を通って中国を迂回して飛行するので、とても意外な感じ。ベトナムといえば中国とは犬猿の仲のはず、不思議なルートだ。
そのままベトナム上空に入り、一路ハノイへ。

Good / Share / Link
PREV:
出発まで
NEXT:
着陸

NEW エントリー

2018.12.07 Fri
100億円
2018.12.06 Thu
PayPay
2018.11.25 Sun
QUEEN
PAGE TOP ↑