移動

公開日: 

ベトナム旅行記 2015年

現地のツアーガイドと合流し、バスへ。
現地ガイドは日本に8年滞在経験があるというタイさん。
言っては悪いが、怪しさ満点の悪い外国人みたいな感じの風貌。いや、いい人なんだけど、第一印象はそんな感じだった。
車内で「両替が必要ならばしますよ、ぼったくりじゃないですよ。」という親切?な説明に素直に従って両替、1万円=17000ドン。特にぼられてもなかったようだ。よかったよかった。

日本のODAで架けたという斜張橋(ニャッタン橋という名前らしい)で紅河(ホンがわ)を渡り、市街地へ。

町並みは、ザ・発展途上国という感じ。多くがコンクリート造だが、雑多というか、アジア的というか、整った町並みではない。が、それが魅力と言えるかも。
今どきの中国の大都市の方がきれいに見えるのは間違いない。だから中国が良いという訳ではないけれど。

市街地は車もそこそこ多いけど、それよりもバイクが異常に多い。多くはホンダかヤマハ製。うじゃうじゃしてる。活気があると言えるかも。

平均月収が3万円程度らしいが、バイクは日本とくらべて少し安い程度、12~15万円するらしい。なかなか高い。
車を買おうと思うととても高いはずだが、そこそこ走っているところを見ると、都会人はかなり収入が多いのだと思う。高級車も結構走っている。

全くどこをどう走ったのかよくわからないが、ホアンキエム湖の横を通る時は説明してくれた。ホアンは還す、キエムは剣を意味するそうで、そういう伝説があるのだとか。

ベトナムといえばフランスの植民地だった歴史があり、フランス風の建物も残されている。その一つ、オペラハウスの前でバス降車。

ベトナムにはほとんど横断歩道が無いらしく、”渡る練習”と称してロータリーを渡らされた。

コツは”決して急がず一定速度で、かつ、走らないこと”らしい。
一定速度で歩いていると車やバイクの方が避けてくれる。急に止まったり走ったりするとはねられる。
なんとかはねられずに全員渡りきった。渡りきった場所にあるビルの2階にJETROがある。一応研修旅行という建前になっているらしく、JETROで1時間程の研修を受ける。

Good / Share / Link
PREV:
着陸
NEXT:
研修

NEW エントリー

2018.12.07 Fri
100億円
2018.12.06 Thu
PayPay
2018.11.25 Sun
QUEEN
PAGE TOP ↑