早朝朝食 そしてバス移動

公開日: 

ベトナム旅行記 2015年

朝6時から朝食バイキングにやってきた。7時半集合の予定になっている。
なぜなら、今日はハロン湾へ一日掛けて観光に行くのだ!!!
お昼はハロン湾でクルーズしながら食べる予定。片道3時間以上かかるらしい、なかなかの強行スケジュールだ。


昨日とうってかわって、ラフな格好になった一同を乗せてバスは出発。
高速に乗って、一路ハロン湾を目指す。
快適な道だと思ったのは最初の30分ぐらいなもんで、そこから先は舗装されているのにバスがガンガン跳ねる。おちおち寝ていられない。
たまに渋滞に引っかかり、たまにガンガン突き上げで起こされ、途中休憩の国営売店に着いた。


国営という触れ込みの売店には、なぜか石造とか噴水とか、石製品が石屋なみに置いてある。
中に入ると、こういう店ではお決まりの、なぜか必ず”こかしてしまいそうな位置”に、高そうな花瓶とかオブジェが置いてある。天文学的値札がつけられている。気をつけたい。
それさえ通り抜ければ、普通にお土産品が置いてある。せっかくなのでシルク製のショールをお土産に買って行く。
さて、出発だ。

再び、たまにガンガンはねる道を進む。
畑、町、田、町…延々と続く。町が多いのは人口が結構多い証拠かもしれないし、ハノイとハロン湾を結ぶ道路がそこそこの幹線だからなのかもしれない。


やっと海に出る。
やがて、海のど真ん中を走る道路へ。シンガポールのコーズウェイみたいな埋め立て道路、女子とドライブには最適かもしれない。
渡った先はリゾート一色。ベトナムな風景は微塵も無い。いわば、オサレスポット。
ちょっとばかり、バブルに踊らされて破産したと思しきヴィラがあったりするのはご愛嬌。

リゾート桟橋兼観光土産店にバスは到着。
中には周辺のリゾート完成模型があった。かなり大規模な開発を予定している様子。

Good / Share / Link
PAGE TOP ↑