帰国

公開日: 

ベトナム旅行記 2015年

そういえば、海外で夜中の離陸なんて初めてだ。
機内は”EXIT”の表示以外は消灯。暗い。
離陸後、”EXIT”の明かりすらも消える。夜のハノイがきれいだ。
巡航高度になって薄暗く明かりがついた。飲みもののサービス後、再び暗くなった。揺れる。

一路 関空へ。

来るときと同じ、つまらんテレビ番組をみせられる。いらんサービスとしか思えない。現在位置を映してくれた方がよほどありがたい。揺れる。
映画放映。いらん。アホか。少なくとも日本語をよこせ。内容も覚えていない。ずっと揺れたまま。

朝、朝食がでる。和食か洋食の選択、洋食を選ぶ。メシの間もそこそこ揺れる。

いったいどこを飛んでいるのだろうか?さっぱりわからない。
もしかして、我々が気づいていないだけで、インド洋をさ迷っているのではないだろうかと思うと恐ろしい。急に山に突っ込むのではないだろうか? ああ、死ぬなら知らぬ間に死ぬぐらいのあっという間がいいな。そんな風に思う。全く航路を放映してくれない。超不安。ベトナム航空にはもう乗りたくない。

まもなく着陸だという。本当だろうか?
ずっと雲しか見えない。そして全行程でずっと揺れたまま。
ようやく島影らしいものが見えたり、見えなかったり。関空への航路で島があるのか?? 瀬戸内を飛んでいるのだろうか?
着陸寸前まで景色ははっきり見えず。着陸のほんの少し前になってやっと、南からアプローチしているのがわかる。あの島影なんだったんだ??

タッチダウン。

よかった。ちゃんと着いた。
最近はどうにも困った航空事故が起こっているので、色々考えてしまう。帰国便では全く航路図が出なかったのも不安に感じた原因。現在位置ぐらいはちゃんと示して欲しいものだ。
ともあれ、もう墜落する事も無いので一安心だ。

早朝の関空到着も初めてだが、結構混雑している。Aircalinの機体ぐらいしか視認できなかったけど、他も到着しているのだろうか?入国審査で時間がかかるのかと心配になる。

検疫で、韓国で発生しているMARSについての注意喚起と、韓国から入国する人への検疫強化がされていた。さすがだ。

入国審査だが、大量の外国人が乗り継ぎに流れていく。こんなシステムだとは知らなかった。おかげで、入国審査に並ぶ人は少なく、すぐに通り抜けることができた。

バゲージクレーム、小さい飛行機なのですぐに出てきた。
税関、特に問題なし。

帰ってきた。ベトナムより涼しい。
さぁ、ラッシュ前に家に帰ろう。

家について、そのままベッドへ。

Good / Share / Link
PREV:
空港
NEXT:
紙の通帳

関連記事-こちらもどうぞ

NEW エントリー

2018.08.10 Fri
RAPAURA SPRINGS
2018.08.08 Wed
宮崎 辛辛麺
2018.08.02 Thu
田酒
2018.07.31 Tue
駅弁づくし
PAGE TOP ↑