Google について

公開日: 

Google という企業がスゴイというのは、今更いくら言ったところで意味が無いぐらいに、皆様にはわかっていただけていると思う。

絶対的な信頼感がある。

これは、少し前まで世界を制覇していたと言っても過言では無いマイクロソフトには、無かったレスペクトなのではないかと思う。

どちらもコンピューター業界の巨人なのに、一般市民が受け取るイメージは大きく違うように思える。

では、何が違うのだろう?

一番の大きな違いは、

マイクロソフトは利益を社内に抱え込んだ。(というイメージがある)

グーグルは、利益を一般市民に還元する仕組みを作り上げた。(利益も超がついて特大に上がっているんだけどね)

そうだ、

マイクロソフトが利益を一般市民に還元したとは、正直言って全く思えない。我々は、搾取される一方だった。

結果として、ビルゲイツは世界一の金持ちになったと、私は思っているし、多分みんなも思っている。イメージとしては、利益をしこたま抱え込んでいる。

 

Google は確かに儲けているけど、その莫大な広告収入の一部を一般に還元する仕組みを導入して、多くの億万長者も生み出し続けている。

Youtuber なんてのが億円プレーヤーとして認知されているのは、ひとえに Google がそういう仕組みを作り上げたから。

彼らは株主でなくても利益を享受できる仕組みを作り出して、そして作り続けている。

結果として、Android などはOSライセンスも開発環境も無料になっている。そして、それが新たなイノベーションを生み出し続けている。

マイクロソフト の Visual Studio を軽く買える人なんて、そうはいない。

今は基本無料になったけど、MSDNに入るとなると、個人では難しいほどの高額であるのは今も変わらない。

 

Android Studio は、登場以来 ずっと無料。

 

この違いは大きい。

 

さてさて、この先のビジョンはどうなんだろう?

個人的には、グーグルが低額の決済手段を用意したら、すぐに乗り換えるね。
特に日本に根強いキャッシュ社会をブレークスルーするようなモバイル決済インフラで、社会に変革を起こしてもらいたいなぁ。
決済時に広告が出るぐらいなら、一般人にも許容されると思うし。それで店側の負担(クレジットカードの場合、3~8%程度)がゼロになるなら、みんな喜んで導入すると思う。

 

ずっと開発者にイノベーションを生み出させ続ける原動力を提供する会社であってもらいたい。

そう願っている。

Good / Share / Link

NEW エントリー

2018.12.07 Fri
100億円
2018.12.06 Thu
PayPay
2018.11.25 Sun
QUEEN
PAGE TOP ↑