カジノの立地

公開日:  最終更新日:2018/07/07

大阪以外では、

東京お台場、横浜、北海道、沖縄 等々が候補に挙がっているという。

とりあえず、大阪以外は関係ないので述べない。

さてさて、そもそもカジノはなぜ作られるのか?

ラスベガスの場合、

ラスベガスは、何もない砂漠のオアシスだったところに、鉄道が通り、大恐慌の影響でカジノが合法化され、マフィアの暗躍があり…

ちょっと調べると、何もないところにリゾートを開発してきた歴史が見えてきます。

何もないから、カジノをテコに発展させるしか無かったのです。

後に、フーバーダムによる電力や水の心配が無くなり、ハワードヒューズの投資や行動があって、健全なリゾートに変貌を遂げてきました。

私はラスベガスに行ったことは無いです。

マカオの場合、

何の変哲もないポルトガルの海外植民地だったマカオは 1962年にスタンリー・ホー がカジノの独占営業権を得てからがカジノとしての歴史が始まったと言える。

2002年までは ホー がカジノ運営権を独占しており、ギャラクシーやウィンリゾーツの進出はその後なので、健全なカジノリゾートとしての発展は本当に最近の事。

マカオの場合、珠江から堆積が溜まりやすい位置でもあり、香港のような貿易港としての機能が望めなかったのも、カジノが発展した理由。

しかし、カジノライセンスについての規定が曖昧な部分もあり、サブライセンス制の不透明さは問題がある。
また、MGMやメルコの責任者にスタンリー・ホーの身内が納まっており、ライセンスの独占が崩れたとは言っても、利権の多くは一族が握っているという構図がある。

マカオは最近開発されたコタイ周辺は巨大で清潔、健全なイメージだけど、マカオ半島にあるリスボアとかはわい雑なイメージがある。
多くの質屋(”押”という看板はマカオでは質屋)が軒を連ね、ショッピングモールでは”回遊魚”が歩きまわり、桑拿(サウナ)も多い。
よく言えば、古き良き時代が今も残っている。

世界遺産なんかを全面に打ち出してエンターテイメントも備えたカジノリゾートシティとしてまともな観光をプロモーションしだしたのは、割と最近の話。

韓国の場合、

韓国のカジノは、決して裕福で無かった60年代の韓国で、外貨獲得の必要性からカジノ設置を行った。
初期の韓国では外国人専用だけでなく、韓国人も利用可能なカジノもあったが、不正や闇カジノ等の問題が多発したことから、開設の2年後からは、全てのカジノは外国人専用となり、日本人や欧米人で賑わった。

現在もほとんどのカジノが外国人専用だが、多くは赤字経営を余儀なくされている。

さて、2大カジノ都市が、やむにやまれぬ事情でカジノに踏み切ったのはわかった。韓国も、背に腹は代えられぬ事情があるのがわかった。

どうしても大阪にカジノが必要か?というと、いやぁ、別に無くても困らないというのが正直なところだ。

だが、ヨーロッパの多くの国ではカジノは開設されているのが普通。日本のように賭場、あるいは鉄火場というよりは、セレブなオトナの社交場という雰囲気の方が強いように思う。

ロンドンにもカジノはあるらしいけど、全然どこにあるかわからなかったぐらいだ。

そういう意味では、無くてもいいけど、有ってもいい。というぐらいだろうか?

大阪がラスベガスやマカオを目指しているとも思えないので、違うアプローチから立地について検証しようと思う。

この点、ソウルは検討に値する都市だと思うのだが、私は行ったことが無いのでなんとも言えない。

恐らく、大阪のライバルとなりうるカジノ都市はソウルかウラジオストクだと思うのだけど、両方とも行ったことないな。

で、

行ったことがある所として、マレーシアの ゲンティンハイランド と、オーストラリアのゴールドコースト、ブリスベン で検討したいと思う。

ゲンティンハイランド

正直言って、超特殊立地。
くわしく言うと、クアラルンプールからバスで約1時間乗って、そこからロープウェイで行く、山の上にあるハイランドリゾート。

カジノとホテルしか無い。そういう意味ではとても健全だ。いや、ちょっと遊園地みたいのもあったか。

すなわち、カジノ周辺にありがちな 質屋、高利貸などは皆無。だって山の中だもの。

もちろんATMや両替所はあるが、残高以上に使い込むということは無いので安心…なのかな?

マレーシア唯一の公認カジノ。マレーシア人はカジノに入れない(イスラム教ではカジノは禁止)。

正装での入場が求められる。マレーシアの正装であるバテックは貸してもらえるので、実際にはゴルフに行くような恰好で大丈夫。

大阪でこういう高原リゾートカジノをするのなら、ぜひに金剛山でやってほしいですね。

ゴールドコースト

コンラッド ジュピターズカジノ が運営されている。

ゴールドコースト唯一のカジノだけど、別にここにカジノが無くてもゴールドコーストはリゾートとして発展してたであろう。
ゴールドコーストという素晴らしい砂浜海岸と、ブリスベンからの鉄道でもバスでも、もちろん車でも1時間半程度で来れる交通の便の良さ、クーランガッタ空港というインフラに恵まれている。

また、ゴールドコースト、 サーファーズパラダイス(地区の名前) というネーミングセンスの良さ。

正直言って、カジノはゴールドコーストにとってはエッセンス。特に無くてもいいけど、シーワールドやドリームワールドと同じで、あったら楽しいやん? というぐらいの代物。

でも、無くなるとゴールドコーストじゃないよなぁ。というぐらいには必要かもしれない。

同じように長大な砂浜が続くブリスベン北側のサンシャインコーストには、ゴールドコーストにあるものが何も無いんだもの。これはこれで自然を満喫できるけど、リゾートと言うにはどうかな。本当に静かに安く過ごしたい人向け。

ゴールドコーストが決定的に大阪と違う所は、ジュピターズカジノはゴールドコーストのど真ん中一等地にある。

そして、マカオのような不健全さは皆無。

猥雑な雰囲気は全く無し!質屋や高利貸しも、少なくとも目に見える場所には無い。これは見事。

ブリスベン

トレジャリーカジノ という、元の州財務省の建物を使ったカジノがある。

中心地のど真ん中にある。

元財務省の建物なので、とても重厚な雰囲気。カジュアルな格好でも入れるけど、Tシャツやサンダル、短パンでは断固入場を拒否される厳しい面も。

クイーンズランド州全域のパブで買える“キノ“の抽選をここで行っている。

日本で言えばナンバーズみたいなものだが、抽選は5分に1回ある。

ヨーロッパのカジノ的な雰囲気があるのかも?ヨーロッパのカジノを知らんけど。

全体的に落ち着いていて、ゲームを楽しむゆとりが客の方にある感じ。

カジノはブリスベンに1件だけでビジネス街にあるので、猥雑さとは無縁。

まさに大人の社交場。

大阪だと淀屋橋か北浜にカジノがあるようなもの。そんなに大きくもなく、日銀大阪支店をカジノにした感じ。

大阪は、ほんと、こういうのを見習うべき。

さてさて、

数少ない私のカジノ経験を交えて考えると、政府の言うようなIR的、ラスベガス的、マカオ的(コタイ地区)なカジノリゾートは、お台場あたりではマッチするかもしれないけど、大阪では合わないと思う。

既に交通インフラの整ったお台場ならともかく、夢洲までカジノの為に電車を通すなど、赤字の上塗り。

むしろオーストラリア的ヨーロッパ的な、小さくとも洗練されたスタイルを都心に築くのが合うと思う。

女性や家族が買い物や観光をしている間に、おっさんはカジノで遊ぶ。

こういう、ブリスベンやゴールドコースト的なカジノを目指すべき。

大阪で観光やショッピングをするところなんて、キタかミナミしか無いのだから、おのずとカジノの立地も決まると言うものだ。

夢洲など、愚の骨頂。

ATCのような、オスカードリームのような、ORC200のような、あるいはフェスゲや湊町のような、負の遺産を増やすのは、もうやめたら?

今の大阪都心で一番カジノ向きの空いた土地は、北ヤードです。

いや、別に新今宮でもいいけど、洗練された大人の社交場にはならないわな。やめとき。

あるいは、メインフランチャイズ球団も無く、負の遺産である大阪ドームをそのままカジノにするのもひとつのアイディアではあるね。少し都心とは言いがたいが、交通インフラは既にあるし、良いかもしれない。

もしくは、りんくうタウン ぐらいかな。

少しは泉州に恩恵があっても良いと思います。

Good / Share / Link

NEW エントリー

2018.09.16 Sun
旅に出たい。
2018.09.16 Sun
清水健太郎
2018.09.16 Sun
感動について。
2018.09.15 Sat
ASUS
2018.09.15 Sat
AirPay
PAGE TOP ↑