パチンコとカジノ

公開日: 

パチンコはカジノの開始と共に廃止すべきと考えています。

日本のように、駅前で簡単に賭け事が出きる状況が、そもそもおかしい。

なんなら、カジノ内にパチンココーナーを作ればよいのだ。

パチンコのどこに合法性があるのか。むしろ、パチンコがOKでカジノがダメな理由がわからない。

北の方の国にマカオなんかを経由して、その利益から少なからず流れているなどとも言われている。

カンボジアに銀行を持っている業者とか、いったい何のために?

不透明な資金の流れを断ち切るのは当然だ。

多くのギャンブル依存症を産み出し続けているのも、パチンコ業界。

一応は年齢制限をうたいつつ、誰でも出入りできる状況を長年放置し続けている。

カジノは入口に必ずセキュリティポイントがあり、IDのチェックを必ずされるのが基本だ。

どちらが行き届いた管理ができるのかは、一目瞭然だろう。

莫大な利益を産めば、税収として行政にも利はあるけれど、それも立地次第。

よく考えて欲しい。

特に大阪はかつて、花博の頃に特殊浴場を全て廃業して無くしたという、ある意味実行力のある街ですし、

世界遺産登録に向けて仁徳天皇陵横のラブホテルをほぼ無くしてしまいました。

やればできるのです。

賭け事はカジノと公営ギャンブルにまとめて、パチンコは規制を掛けて廃止すべきです。

大阪ならそれができるし、日本中で実現させて欲しい。

中小のパチンコ屋は既に淘汰されつつあるし、大手はカジノ化すればいいと思う。

Good / Share / Link
PAGE TOP ↑