いい街の条件は?

公開日:  最終更新日:2019/03/07

いい街て、一体なんなんでしょうな?

近隣の首長候補が「いいまちにしようよ!」と、主張しておられます。

全く賛成です。

では、具体的にはどのように??

 

その街は、

大阪のベットタウンに掛かる位の位置にあり、大きなショッピングセンターもあります。ロードサイド店舗も数多くあります。

高速道路はありませんが、隣接市のICまで市役所から10~15分程度。

鉄道も通ってますし、企業団地もあります。

さすがに一部上場企業はありませんが、日本のほとんどの街よりは近くにあると言えます。空いていれば、大阪市内まで車で30分台で行ける距離です。

気候は温暖で、雪もほとんど降りませんし、積もりません。

教育環境にしても、地域では高い学力の公立高校がありますし、私立高校も高いレベルの学校が立地しています。

病院は大きな総合病院が2つあります。

隣接市には国立病院もありますし、大学病院もあります。

既に、すごく”いいまち”ですよ。

 

私が住んでいる所はコンビニもまともにない場所です。

高校はありません。

大阪まで通えなくて、引っ越して行く人が数多くいます。

雪も積もります。

上場企業なんて、もちろんありません。上場企業で関係あるのは、NTTか関西電力ぐらいです。

交通インフラは、大阪府から見捨てられているようです。

高速道路は近くとは言えませんし、鉄道はありません。バス路線は未だにICカードに対応してません。

仕方がないので、陳情は和歌山県の国会議員の先生にお願いに行くような状況です。

医療機関は診療所が2つ。入院施設はありません。

 

“いいまちにしよう!”というスローガン。

素晴らしいと思いますし、頑張って欲しいです。

でも、近くながら全く状況が違いすぎる環境。

申し訳ないが私には、どこか空しく聞こえます。

 

格差社会をまざまざと見せつけられているように感じます。

まぁ、仕方ないし、どうしようもないんですけどね。

Good / Share / Link

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑