宇宙研究から見えてくるもの。

公開日:  最終更新日:2013/12/14

NHKで宇宙の理論をホーキング博士のナビゲーションでやっているのですが、
話が脳内の構造、神経伝達の仕組みの話になり、素粒子になり、その振る舞いは確率論になり、宇宙の始まりは超ミクロ世界だったりしたあげくに、素粒子は10次元で振動するヒモと説明されました。

で、別宇宙が存在してると予測され、違う力が支配する宇宙が存在しているかもなのだそうです。
ヒモの構造によって、別の法則が支配する宇宙が存在してもおかしくないのだとか。

ということは、
魔法少女は実在するかもしれないですね。別宇宙の法則では、魔法が現実かもしれません。いや、本当に。
10次元のヒモの操作で、超能力というモノも実現出来るのかもしれません。
いや、きっと実現できるんだwww。

ははーん。

この我々の存在する宇宙は、誰かが実験室で作り出したものかもよ?
というのも、あながち間違いではないかも?

イスラムの人が言うように、死後にはハレムで夢のような生活があるというのも、全くのウソとは言えないと思えて来ました。
宇宙論、夢があるな。

 

Good / Share / Link
PAGE TOP ↑