集団的自衛権

公開日: 

憲法9条の改正の方がいいに決まっているが、
とりあえず、集団的自衛権ぐらいは行使できないと、シーレーンの防衛もできない。

日本の命運を中国に握られたのではたまらないし、いざというとき、アメリカやインドやオーストラリア、そして東南アジアの海軍と協力することが絶対に必要だ。

ソマリア沖海賊対策や、マレーシアへの協力(MH370便捜索)などは、外交的にはその布石と言えるかもしれない。
海外の目は、日本はジブチに拠点を築いた事になっている。
まぁ、その通りだし、法的根拠が無ければ対処も行えない。

いまの法律では、北方領土に展開することも法的に合法かどうか怪しい。
もちろん、尖閣諸島や竹島への展開は合法だけれども。

さて、なにをのんきに「今国会ではちょっと…」とか「与党内で足並みが…」とか言ってるのだろうか?
本当に危機感無いなぁ。
それが良いところで笑っていられる時代は終わった。
クリミアみてもわかる通りだ。

シーレーン記事

 

Good / Share / Link

NEW エントリー

2018.05.16 Wed
USBメモリ
2018.05.16 Wed
もりかけ問題
2018.05.15 Tue
Google について
2018.05.15 Tue
上湯ラーメン
PAGE TOP ↑