イスラム飲酒紀行

公開日: 

本との出会いは、本屋で突然に訪れる。

なぜ、わざわざ飲酒が禁止されているイスラム世界で、そんなに酒にこだわるのか?
そんな前提が吹っ飛んでしまう程に、筆者は酒を求めてのた打ち回る。
イスラム飲酒紀行などというタイトルが既に病んでいる。

イスラム教は戒律で飲酒が禁止されているのは有名な話だ。しかし、それはそれ。蛇の道は蛇。本音と建て前。
本人は否定しているが、ほぼアル中の筆者がどうにかして酒を手に入れ、飲み、しかし、イスラムの公共精神を汚さぬように振る舞う様子が、本当に酒飲みの行動でアホらしく、情けなく、危険を伴い、笑ってしまう。

酒を求めて求めて、なぜか精力増進や女に辿り着いてしまうのはご愛嬌。アヘンに辿り着くのは必然。イスラム世界で酒とはそういう位置にあるものらしい。

酒に対する筆者の並々ならぬ思いとおバカが詰まった一冊。
本人は否定しているが、内容はほぼアル中のヨタ話が面白おかしく詰まっている。
それにしても、イランやアフガンで酒を探し探して飲んでしまう行動力は立派。

Good / Share / Link

NEW エントリー

2018.08.17 Fri
普通の夏気候
2018.08.10 Fri
RAPAURA SPRINGS
2018.08.08 Wed
宮崎 辛辛麺
2018.08.02 Thu
田酒
2018.07.31 Tue
駅弁づくし
PAGE TOP ↑