Band of Brothers

公開日:  最終更新日:2018/09/16

戦争はいけないと思いますが、
戦場でしか生まれない絆もあるのかと。

ヨーロッパの戦場の方がロマンがあるのかと思ったり。
Band of Brothers を見て、そういう感想を持ちました。

南方の戦場は、街を解放するわけでなく、ロクに人もいない所でしたし、
沖縄は日本の領土だし。抑圧からの解放というわけでもなかった、むしろ地元住民には米軍
上陸は不安の方が大きかっただろと思われます。
だからでしょうか、THE PACIFIC では、ずっと陰鬱な人格が壊れるような戦場が描写されていました

ヨーロッパ戦線は街を解放し、都市を攻略し、人との交流があるし、地元民も解放を喜んでいた。
やはり、弾があたれば死ぬのですが、中隊を中心とした戦友とのからみが多くあるので、ほのぼのとする場面もあったように感じます。
しかし、だからこそ、収容所の解放シーンなどは、エグられるようにナチの残虐さを感じます。

それにしても、軍の将校というのは、実戦に出てみないと優秀かカスかはわからないものなのでしょうか。
軍のそういう部分は日本でもあまりかわらないように思います。
つまらん上官についてしまった下士官は大変だな。
文字通り、命を預ける相手なので、カスではかなわんな、と思いました。特に戦時は。

Good / Share / Link
PREV:
首相
NEXT:
北陸

NEW エントリー

2018.09.16 Sun
旅に出たい。
2018.09.16 Sun
清水健太郎
2018.09.16 Sun
感動について。
2018.09.15 Sat
ASUS
2018.09.15 Sat
AirPay
PAGE TOP ↑