The Union Station

ユニオンステーション という名前の駅はアメリカにいくつもあるらしい。
複数の会社が乗り入れて共同で運営する駅の事を、ユニオンステーションと称するのだそうだ。

と、いうわけで、ワシントンのユニオンステーションは、私の認識ではアムトラックとMETRO(地下鉄)が乗り入れている駅という認識だったのだが、他にも鉄道会社が使っているらしい。アムトラックとか乗ってないから知らんけど。長距離バスの発着もここらしい。

駅の中は、レストランやショップが入っていてにぎやかだ。
大阪だと、なんばCITY みたいな感じといえばいいだろうか?
なんばは周辺もかなりの繁華街だけど、ユニオンステーションは、中はにぎやかだけど、周辺は緑地とビルがあるのにも関わらず、人の往来は少ない。不思議な感じだ。車社会だからなんだろうか??

とりあえず、食に困ることはなさそう。

一応駅内探索を終えて、スマートトリップカードを入手しておく。
メトロカードは、日本だとSUICAみたいなもんだという話。
非接触式のICカードで、メトロでは磁気切符を廃止して、普通の切符もこのICカードに統一しているという。

ガイドブックの説明はこのICカードに関する記述が本当に不親切で、このICカードは一度買うと使いまわしができるようになっているのだが、そういう説明は一切無いので、何度かメトロに乗るたびにこのカードを買ってしまった。アホみたいだ。

一度買えばこのカードは何度でも使いまわしが効く。
そのつど金額をチャージするなり、区間分をチャージするなり、1dayパスをチャージするなりすればいいのだ。
カード本体を買うのは1度だけ。後は必要分を機械でチャージチャージチャージ!!
1dayパスだってチャージすれば使えるのだー!
でも、Fairfax Connector では 1dayパスは通用しないらしい。どこを読んでもをそんな事は書いていないように思うが、
valid for one day of unlimited Metrorail and base fare Metrobus travel; no time restrictions.
という所か?確かに、Fairfax Connector  は Metrobus では無いわな。うーん、しかし、なんかだまされたような気がする。
後でこれがとても困ったことになるのだが、まぁ後のお話。

ちゃんとそういう説明を懇切丁寧に書いて欲しいが、そういう所はおざなりなのは納得できないな。

とりあえず、10ドルほどチャージしたメトロパスを買った。
これで、DCサーキュレーターに乗るつもりだ。

The George Hotel

ワシントンDC、キャピトルヒルと呼ばれる区画にあるホテル、The George Hotel。

小さいけど、なかなか内装も豪華で広い。
スーツケースを2つ広げても余裕がある。
これはどう考えても、ニューヨークの ROW NYC よりも高級なホテルやな。

タクシーに「Kimpton George Hotel」と言っても通じないのにはまいった。
はじめて来る人は気をつけて欲しい。日本で発行されたホテルバウチャーには”キンプトンジョージホテル”などと印刷されているのに、そのまま言っても通じない。
このホテルは、入口にも”The George Hotel”という看板が上がっているし、タクシーにも George Hotel と言えば通じる。”キンプトン”というのは余計。このホテルが属しているグループが Kimpton というグループらしい。
ややこしい。

時間はまだ2時ぐらいか、外行くか。

外は、ユニオンステーションや国会議事堂に近い場所という立地にも関わらず、いや、だからこそなのか?意外なほどに人気の少ない地域。
近くにいくつものホテルがあるにも関わらず、人通りというのが無い場所。ちょっとやばい感じすら漂う。

ユニオンステーションまでは歩いてほんの数分。
ここはアムトラックの大きな駅であり、メトロ(地下鉄)の駅でもある。

ナショナル空港

ラガーディア空港から1時間ちょっとぐらいか、順調に飛行してきたアメリカン航空 AA4754 便は、どうやら ワシントンDCに近づいてきたようだ。
窓からは、アンドリューズ空軍基地と思われる空港が見える。エアフォースワンに大統領が乗り込む基地としてよく知られている。

うまくいけば、ペンタゴンが機窓から見えるという話だったが、見えることなく着陸。ちょっと不満。

正式には、この空港は ワシントン レーガン・ナショナル空港 と言うらしいが、地元民に「レーガンエアポート」と言ってもまず通じないようだ。
「ナショナルエアポート」と言えばわかってもらえる。その辺、ガイドブックとかはちゃんとして欲しいものだ。

スーツケースも問題なく出てきたところで、ホテルに移動だ。
ナショナル空港からDC市内への移動は、タクシーを選択するのがよいと思う。乗り合いバスだと時間が掛かりすぎるし、ナショナル空港はDCからわずか8Kmという近さ。ここでケチって時間のロスをするのは馬鹿げている。

タクシーに乗り込んで、ここでも地元民に通じない問題が発生。
「キンプトン ジョージ ホテル プリーズ」と言っても通じないのだ。
旅行会社のくれたバウチャーには”キンプトンジョージホテル”となっているのだが、このホテルはどうやら”キンプトン”というグループが運営している”ジョージホテル”というのが真相らしい。
運転手には「そんな名前のホテルは知らん。ジョージホテルの事じゃないのか?」と聞かれた。
「キンプトンジョージホテルて書いてあるんやけどなぁ。ユニオンスクウェア駅の近くにあるねん」
と言うと、
「ジョージホテルだ、間違いない」と言って走り出した。

10分ほどでホテルに到着。本当に近い。値段はチップも込みで$17.50ぐらいだった。

E-170

今日の乗機はエンブラエルE-170(E-175だったかも?)
さっきの店のせいで気分はむかついているが、初めて乗る機体なのでその点は楽しみだ。

ニューヨークの空は混雑しているという事か、ゲートから離れてちょっと走った所でストップし、そのまま動かない。
動かない、動かない、動かない。そのうちに眠ってしまった。

気がついたら、5分ぐらいは経っていたのではないだろうか?
まだ動いていない。まじか。

しばらくして、ようやく動き出した。
滑走路と平行に走る誘導路に入ったが、前に何機もあるからなかなか離陸はしないのだろうなという感じ。
次々と飛び立つ飛行機を見送る。

ニューヨークには主な空港が3つある。JFK、ニューアーク、そしてラガーディア。
日本の航空会社を使うと、大抵はJFKに到着するはずだ。UNITEDとかで来るとニューアークに到着するのではなかったか。シンガポールからのSQの直行便はニューアーク着だった気がする。もう無くなったけど、機種をA350に変えて復活するとかいうウワサは聞いている。
ラガーディアは国内線しか飛んでないけど、いわゆる”ハドソン川の奇跡”で知られる US AIRWAYS 1549 便が離陸した空港だ。ということはバードストライクが多いのだろう。ちょっと怖い。

ようやく我々の順番が回ってきたようだ。
難なく離陸。旋回。マンハッタンのビル群がきれいに見える。天気も上々。

さようならニューヨーク。
また来る機会があればいいなぁ。

ラガーディア空港 チェックイン

ニューヨーク、ラガーディア空港は国内線用の空港なので、私達日本人が日本からやってくる時は使う事が無い。
今回、ワシントンDCへの移動ということで、ラガーディア空港を始めて使う事になった。
マンハッタンからは、一番近い空港だ。

アメリカン航空のチェックインカウンターは、自動チェックイン機になってる。
言語は日本語が選択できるようになっているので、まず日本語にする。
レコードロケーターという、搭乗券固有の6文字のアルファベットの羅列を入力する必要がある。

e-ticketの冒頭にあるそれらしい文字列を入力するが、はじかれる。
あれ?
入力するが、はじかれる。
あれぇ~?
どうなってんねん!Tripple!

係員を呼んで、「入力してもはじかれるなんけど?」的な質問をしたら。
「うーん?アメリカンの Record Locator とは違うんじゃない?? どこかにアメリカンのがあるはずよ~、あーこれこれ。」

確かに、アメリカンの便の欄に、アメリカン用のレコードロケーターがあった。
なんで統一しておかないか!ややこしいな!

えらいもんで、アメリカンのレコードロケーターを入力したら、ちゃんと今日の便の情報が出てきた。
あとは特に悩む事も無いと思う。
そうそう、座席を選択する事もできる。当日ならばお金はかからないんじゃないのか?という期待は見事に裏切られた。
当日に空いてる席でも、よさそうな席はちゃんと追加料金が掛かるようになっている。
徹底してるな、アメリカン。

操作が終わると、端末からボーディングチケットとバゲージタグが出てくる。
バゲージタグなんて自分で貼った事ないから、ちょっと戸惑う。
最終的にはバゲージタグを貼ったスーツケースを係のお姉さんがいる所に持って行って、重量に問題がなければそのまま預けて終わり。

さて、場所を移動して、お決まりの空港式ボディチェック。列に並ぶ。
10~15分で通過。いつもながらめんどくさい。

さて、せっかくボディチェックを通り過ぎたのに、指定のゲートが見つからない。
さぁ、どうしたものか。
職員の人に、「このゲートどこ?」と聞くと、
「ここに並べ」
と言われた。なぜに??

同じように言われる人が列を作っていく。人数にして7~8人ぐらいか。
しばらく待たされて
「ついてくるように」

てくてくと階段を降りて、いったいどこへ行くのかと思ったら、バスに乗せられた。

バスは空港の中を走る。
飛行機と飛行機の間を抜け、飛び立つ飛行機を横目に結構な距離を走る。止まる。また走る。
5~6分も走っただろうか?別のターミナル下について、降ろされた。

さて、ターミナルに入ると、普通にターミナルなんだけど、どうしてかデルタ航空が支配している空気が蔓延しているターミナル。
どうやら、ここで間借りしているゲートからワシントンDC行きは出発するらしい。

ターミナル内はバーやグリルやコンビニみたいなのも揃っていて、そこそこいごごちは良さそう。
で、ここでブランチでもと思って、ビールが飲める店と思って選んだ店が、最悪だった...