バンコク(Thai Bangkok) 旅 レポート

王宮内寺院 ワットプラケオ

そんなこんなで、なんとか王宮に入るが、入場券は250バーツだったかな?それぐらいしたはず。結構高い。まずは、ワットプラケオから入る。
ワットプラケオ
ワットプラケオは王宮内にある寺院で、エメラルド仏がある事で有名。
エメラルドで作られているからエメラルド仏と言う訳ではなく、「エメラルド仏」という固有名詞らしい。ややこしい。
しかも、エメラルドで出来ている訳ではなく、翡翠でできているのだそうだ。タイらしい。
また、実は、エメラルド仏を安置した事がある寺の事を「ワットプラケオ」と称するそうで、実際ワットプラケオはチェンライやヴィエンチャンにもある。
うーん、ややこしい。

このお寺、実に派手で面白い。金ピカの塔が輝いている。ゴージャスすぎてお寺に思えない。
日本のお寺も内装は実はきらびやかだったりするし、金閣寺みたいな寺もあるので、まぁわからんでもない気はする。王宮内だしね。
参詣に来ている人が仏像に金箔を貼りつけて願い事をしていたりするのは、なんだか新鮮な驚きだった。日本の寺でもやればいいのでは?金沢あたりの寺がやれば、話題になって日本中から金箔を貼り付けに来るに違いない。
さてさて、肝心のエメラルド仏は見ておかねばなるまい。エメラルド仏が収められている建物内は撮影禁止となっている。しかし、皆、建物の外から撮影している。いいのかな(笑)
エメラルド仏
まぁ、撮らせてもらった。もちろん、禁止されている館内での撮影は行っていない。
エメラルド色なのかどうか、遠目にはわからないし近づけない(高い位置に安置されている)。
とりあえず、エメラルド仏の衣服や装飾は金ピカだ。
多くの人がお祈りに来ていた。
参拝時は全く知らなかったが、大変霊験あらたかな仏像なのだとか。
ありがたやありがたや。
< PREV  | TOP  | NEXT >
© Matsumasa Coropration Limited.