お城 レポート

岐阜城

岐阜といえば、岐阜羽島とか、飛騨高山とか、あるいはスノボしに行く東海北陸道沿線のスキー場ぐらいしか知らない、関連がない所です。
岐阜城と聞いて、全くピンと来ませんでした。「そんな城、あったっけ?」

さてさて、行ってみると斎藤道三の稲葉山城のことじゃないですか!
それなら聞いたことある!
なーんだ、もっと早く言ってくれればいいのに。
後に信長が岐阜城と名前を変えたらしい。へぇ~。

さて、ロープウェイで天守へ上っていくのだが、その前に、
織田信長屋敷跡の遺構があちこちにあるらしく、今も発掘調査している所があちこちに。
上にあがってしまうまえに、見ておくべき所が結構あるように思います。

さて、ロープウェイは結構な急角度で山を駆け上がるも、降りてから結構歩きます。
しんどい。信長のアホー。

途中、閻魔大王を祭った社とかあります。
おもしろい。信長らしい。

山道を随分歩くと、天守(信長なら、天主と言うべき?)が姿を現します。
すばらしい。
すばらしい

城からの眺めも最高。
こんな眺めをみてしまったら、天下統一をしてみたいと思うのかもしれません。
まぁ、僕はそんな大それたことは、したいと思わないですけどね。

すごい眺め
それにしても、
よくこんなところに城つくったもんだ。
登るのも大変だろうに...などと、山城は特に思ってしまいますね。
昔はロープウェイ無かったわけで、石垣とか瓦とか、担いであがったのでしょう。
いやぁ、すごいです。
< PREV  | TOP  | NEXT >
© Matsumasa Coropration Limited.