香港・深圳・マカオ その1

羅湖駅国境

羅湖駅
40分程度で終点の羅湖駅に到着。国境の駅であり、外へ出る事はできない。ここで降りた客は全員国境を越える客。
改札を出て出国審査。パスポートを忘れず持参する事。外国人、訪問者用の審査台に並ぶ事。また、入国の際にもらった紙ペラに、サインをしておかなくてはならない。船名、フライトNo等は空白のままでよい。
今回は待ち時間もほとんど無く、あっさり通過できた。そして税関。X線検査をしていたが、日本のパスポートを持っていたからか、係員がパイパスを通してくれたのでノーチェックで通過。
ここから、なぜか免税店が出てくる。中国へ入る前に買っておけと言うことなのだろうか?香港は基本的にフリーポートで物品に税金は掛からないので、こういう免税店と謳っている店の方が商品の値段は高い、と、香港人が言っていた。今回、日帰りの予定なので、免税品を買うつもりは無い。

国境の橋
国境の橋を越える。橋と言ってもちゃんと屋根と壁がついている。イメージ的にはビル間室内連絡道。
ここはスリ被害がとても多いらしいので気をつけたい。スられても、ここは中国でも香港でもない場所なので、どちらの警察も手を出せない的な話は聞いた事がある。一応ガードマン的な人がいたり、いなかったりする。あてにならない。
橋を渡ったら入国審査。またパスポート出さなくちゃ。審査台の後ろに審査用の書類があるので書いてから並ぶ事。船名、フライトNo は空白でよい。滞在先も、日帰りの予定なので空白にしておいたが、特に問題なかった。
ここもあっさり通過。混雑の心配は杞憂だった。ただし、通勤時間や休日の際は混むらしいので気をつけたい。春節などの際は2~3時間並ぶのはザラとか、平日で本当によかった。
そして税関。まったく仕事をする気はないようでありがたい。スルー。
ああ、簡単。こんな簡単に国境を通過してよいものなのですね。全く問題なし。スリにも合わず、中国へやってきました。
< PREV  | TOP  | NEXT >
© Matsumasa Coropration Limited.