香港・深圳・マカオ その1

晩飯

一人旅だとメシ、特に晩飯が困る。高級店には入りにくい。

で、うまそうな感じで適当な店に入る。とりあえず、米が食べたい。
中華風鶏丼といった感じのとコーラを頼み、ついでにそれだけでは寂しいので、鶏の檸檬煮とおぼしきメニューを頼んだ。
頼んでから後悔したが、鶏丼はまぁええとして、鶏の檸檬煮って3~4人前じゃねぇ? いや、わからん。あれー? どやろなぁ?
鶏の檸檬煮は昔よく食べた。今は無くなってしまったようだが、神戸の東亜食堂という小さな店で食べる鶏のレモン煮がとても美味しかった。
中華とは思えない味で、他の中華料理店ではお目にかかることが無かった。もう、あの味に再びめぐり合うことは無いかもと思っていた。

中華鶏丼はすぐに出てきた。鶏はうまかった。米はうーん、パサパサ感があったが、南方の米はこんなもんかな。長粒米。
で、鶏の檸檬煮がなかなか出て来ない。

この時点で、なんとなくこの鶏の檸檬煮というのが3~4人前の料理というのが俺の中で確定。ヒマなのでメニュー見返してたら、どうやら大皿料理なのだ。しかも、時間が経つ毎に満腹感が増大中。オーノー。
満腹感が定着したぐらいで鶏の檸檬煮登場。うまそう。しかし、うーん、食べ切れるだろうか...
思ったとおりのどっさり感。まぁ、あかんかったらその時考えよう。
食べてみると、美味い。これは、なかなか美味い。そして懐かしい。
美味い。うーん。うまい。
腹いっぱい。
でもうまい。うーん、うまい。

全て食べてた。
腹いっぱいにもかかわらず、酒も飲んでないのに、4人前食べきってしまった。恐ろしい、俺の胃袋。

ホテルに帰ってからちょっと後悔した。
うーん、食べ過ぎた。

< PREV  | TOP  | NEXT >
© Matsumasa Coropration Limited.