香港・深圳・マカオ その1

さて、腹減った。
そういえば、マカオまで1時間弱のはずで、その間メシを食わないと俺はきっと死んでしまう。
そういえば、ホンコン名物らしい粥を俺はまだ食ってない。

フェリーターミナルの信徳センターの中をうろつくが、粥店が見つからない。そこで、ちょっと妥協してKFCが中国粥をだしているようなので、注文する。
「Sold out」。売り切れらしい。なぜだ!

隣の”美心MX”という、地元チェーンらしい店で、粥っぽいメニューを指差し、頼む。
「Sold out!」。なんでやねん!

仕方ないので、メニューにあった麺の定食頼んだ。
さて、なぜか出てきたのは粥の定食。いやいやいや、なんでやねん!売切れちゃうんかよ!
香港人はこういうところがなんだかいい加減だ。まぁいい。

粥を食べ始める。味が無い。調味料みつからない。
皿を下げているおばちゃんに「塩ないのか?」的な事を聞いたが、広東語でしか返ってこない。困ったな。
おかずに塩気があったので、粥に放り込んで食べたら美味かったが、粥の方が量が多いのでおかずが尽きて困った。
隣の隣の席のもっとあっちに、Maggi の中華用っぽい魚醤的な感じのものが見えた。これは店に備え付けのやつっぽい。味は、なんかよくわからんが、なんとなく魚醤っぽい。
Maggiに魚醤のラインナップがあるのかどうかしらんが、それを粥に放り込む。美味い。

やっと朝飯にありついた。

< PREV  | TOP  | NEXT >
© Matsumasa Coropration Limited.