香港・深圳・マカオ その2

黄金電脳商場、高登電脳中心

深水埗駅の中に、高登電脳中心はこっちと案内がある。上ったところが電脳街の入口。香港で一番大きな電脳街。
ここがこの旅で、いちばんイメージしていた電脳街らしい電脳街だった。
黄金電脳商場 駅から出たところにある
言ってはわるいが、外見はとっても汚いビルの中にあるにもかかわらず、中はそこそこきれい(客のくるところだけば綺麗なのは香港の(アジアの?)常識のようにも感じる)。そして巨大。
どこからが黄金電脳商場で、どこからか高登電脳中心なのか、よくわからない。同じビルにある。中は繋がっているのかいないのか、正直よくわからない。多分、行ってみたらわかるけど、そんなのはどうでもよくなる。
高登電脳 黄金電脳と同じビル。一緒じゃねえのか?? よくわからん。
まわるだけで個々の店まで観察してないけれど、フライトシミュレータ専門店があったのが印象的だったかな。日本にはめったにありません。秋葉原には結構あるのか?とりあえず、日本橋では1店しか知りません。そう言いつつ、フライトシミュレータはしないのですが。

広すぎて自分の場所がわからなくなったりするけど、がんばって下さい。
特に買い物をする気も無く、しかし、なんやかんやで楽しめた。こういう場所にいるのが一番落ち着くというのは、人間としてはダメな気がします。

< PREV  | TOP  | NEXT >
© Matsumasa Coropration Limited.