香港・深圳・マカオ その2

蘭桂坊 ランカイフォン

蘭桂坊 Lan Kwai Fong
とりあえず、観光案内に出ているようなところはできるだけ見ておこう。というスタンスで、昼前にもかかわらず、バースポットのランカイフォンに行ってきました。
まだハッピーアワーにもなっておらず、どこも準備中。昼飯時にも早すぎた。

行ってみた感想は「これだけ?」。
ミナミの方が巨大です。いや、比較対象として成り立ちません。

多分大阪だと、ランカイフォンを全部合わせても、ヤマダデンキLABI1ナンバ2フロアで余るぐらいのスペースでしかありません。3フロア分は多分ありません。

いやいや、こじんまりしすぎでは?

香港人は外で酒を飲まないのでしょうか? 飲み屋というくくりで考えるからダメなんでしょうね。

香港は総グルメシティですから、全体で考えると大阪と比べてちょうどういいぐらいになるのかもしれません。
ただ、個人でふらっと入れる飲食店には、なぜかアルコール類は置いてない。リカーライセンスが高いという理由らしい。

九龍側のナッツフォードテラスにも行ってみましたが、ここもやたらと狭い範囲でした。
香港中ののんべが、ナッツフォードテラスみたいな100mも無いような通り一つしかないぐらいのバー街で納まるはずが無いと思います。

ランカイフォンはナッツフォードテラスよりは広いですが、それにしても大したことありません。

多分、香港人は外人のしらない所で楽しくやっているに違いない。
僕らのような外人は、こういう外人向けの場所で遊んでくださいという事なのでしょう。そうじゃないとおかしい。
あんな狭い場所で酒飲み需要を吸収できるはずが無い。

結局営業している店は無く、昼からビールを飲むことも出来ず、欲求不満で九龍半島方面へ。
< PREV  | TOP  | NEXT >
© Matsumasa Coropration Limited.