香港・深圳・マカオ その2

スターフェリー

スターフェリー
香港へ来たなら、一回は乗っておかなくてはならないと思う乗り物、スターフェリー。
セントラルから超近代的なifcの横を通り抜け、ひたすら空中回廊を歩いていくとスターフェリーの埠頭へ行きます。7番埠頭です。

空いてる。今や観光的価値の方が大きい、かつての庶民の足、スターフェリー。
この形と雰囲気は観光客には大変ありがたい乗り物です。ビクトリアハーバーをゆっくり進む。潮風が心地よい。
これだけ空いてて経営は大丈夫なのか心配ですが、まぁそれはなんとかなるのでしょう、知らんけど。
スターフェリー がらがら
香港島と九龍はMTRでも車用のトンネルでも繋がっているので、電車、バス、タクシーで行き来が可能。MTRなら、知らない間に香港島に行ってしまっています。けれど、そこをあえて昔なつかしのフェリーで行くのが旅情でしょうか。

アイデンティティに乏しいオサレスポットなどに足を踏み入れた事に大いなる後悔をしつつ、船に揺られるこの時間は、自分が旅人なのだという感傷に浸れるひとときではあります。

香港みたいな都会に来ておきながら、都会らしいスポットに文句を言うのが間違っているのは重々承知しているつもりですが、でもいいじゃないか、わがまま言ったらダメかい?
それでもやっぱり海外に来ている実感を持ちたいのさ。
深圳やマカオで大量に海外の雰囲気を浴びてきているせいで、香港の日本みたいな進化に不満を感じるという一種の贅沢病のような気もします。

しかし、こんな年代モノの船に乗りながら、湾のあっちとこっちに400m級のビルがズドンズドンと立ちはだかっている光景は香港ならでは。
そのうちこの船もエコ電動船になるんじゃないだろうか? そういう勢いはあります。
東京より時代の流れが早そうです。

< PREV  | TOP  | NEXT >
© Matsumasa Coropration Limited.