香港 旅 レポート

バスの旅

イギリス植民地の歴史が長かったからか、こんな山奥まで2階建てバスが乗り入れている。
アホなので、当然2階席に陣取る事にする。
バス2階からの風景は、高い、面白い、素晴らしい。トラムとは全く違う景色の中、山を降りて行く。山の斜面から高層マンションが生えている基部などは、これでは日本の建築基準は満たさないだろうなと、素人目にも映る。
バス2階からの景色
山はブルジョアの生息地らしく、高級なコテージや高級そうなマンションなどが点在している。
そして、山をおりてくるとハッピーバレー競馬場の横を通る。よく、こんな場所に競馬場を作ったなという立地。谷間になんとか競馬場がとれる程度の平地を、惜しみなくつぎ込まれて競馬場になっている。
ハッピーバレー競馬場
競馬場を過ぎると、一気にバスは都会を疾走するバスになる。
香港上海銀行本部の前なども通り過ぎ、バスは山の山頂から、一機に海沿いの埠頭まで下ってきて、我々を終点まで載せてきた。
終点にて 乗って来たバス
< PREV  | TOP  | NEXT >
© Matsumasa Coropration Limited.