香港 旅 レポート

新同楽

観光予定を終えた私たちは、せっかく香港まで来たので一度はグルメなディナーを満喫しようと思い、ぐるナイでも登場した事のあるフカひれで有名なミシュラン星付きレストラン「新同楽」へ。
尖沙咀(チムシャツイ)のフェリー埠頭からはタクシーに乗り、「新同楽」のある複合ビル「ミラマー」へ。
期待の新同楽は、明らかに日本人と思われる客がそこそこ。みんな、考える事は同じなようだ。

コースを注文し、飲み物も注文し、しばらくすると前菜が出てきた。
美味い。
そうこうしているうちに、我々のテーブルのそばに調理用のテーブルが出てきて、フカひれスープを煮始めた。うーん、いい感じ。
2品目なのに、既にメインとも言えるフカひれは、各自の目の前に、フカひれの姿のまま提供される。すばらしい。
今までフカひれといえば、醤油ベースの濃厚あめ色スープと共に出て来るものだと信じて疑わなかったのだが、ここのは上湯にフカひれのようで(中華の専門家ではありませんので、間違っているかも)、上品、薄味のフカひれスープ。大変結構。
残念な事に、あまりに美味しくて写真撮り忘れた
次はアワビ。
正直、アワビはあんまり…というのも、予算の関係でサイズの小さいアワビにしたから(笑)。もう、トコブシかと。なぜか姿煮の鳥(ガチョウ)の足と共に饗されるのも、個人的にはちょっとアレ。
吉品アワビ 日本製らしい

後のメニューは、もう飲んでしまっていたので内容は気にせず食べたが、美味しく、ボリュームも多く、おなか一杯になる。
ワインも2本注文したし、ビールやらなんやら、結構飲んだ割には、値段は日本円で一人2万円位だった。
日本人だとわかると、日本人向けに用意されているメニューというのを最初に進められる。これを頼むと、もうちょっとお高くなると思う。

メニューによっては、料理だけで一人で10万円以上かかるコースも用意されているので、お好きに。
< PREV  | TOP  | NEXT >
© Matsumasa Coropration Limited.