ロンドン (London) 旅 レポート

TOM AIKENS

トム エイケンス という、3つ星レストランに行ってきました。
ロンドンで美味いものというのは、一種相容れない考え方のような気がします。

数少ないサンプルで申し訳ないですが、私の知っている限りのイギリス旅行経験者からの聞き取りでは 「料理はまずかった」 という答えが100%でした。

でも、最近のロンドンは違うようです。
バブルになると、食物にも金に糸目をつけなくなるようで、それは日本も同じですね。

世界中からロンドンには食文化が集まってきて、あっというまに世界有数のグルメシティになっているようです。信じられませんけど。

そのなかでも、イギリス人シェフの3つ星レストランがあるというので、ちょっと頑張って行ってきました。
しかし、イギリス人を 「シェフ」 なんて敬称で呼んで大丈夫なんでしょうか?

我々の宿から歩いて5分の立地にある TOM AIKENS というレストラン。
セレブな雰囲気漂うレストランです。
でも、駐車場なさそう。
ま、徒歩でやってきた我々には関係のない事です。

近くには、TOMs KITCHEN という、セカンドブランド的なカジュアルな店や、

TOMs PLACE という、ファミレス&ファーストフード的な店 (現在はありません)

も出店していて、中々トムは商売人です。

さて、席について、ギャルソン(というのが適切とは思いませんけど)が説明にやってきましたが、こいつの英語がものすごーく、ものすごーくわかりずらい英語でした。
フランス語のような英語を喋るのです。しかし、見た目フランス人っぽくありません。
エスプリどころか、どう見ても田舎者です。

こいつがフランス語っぽい英語というがとてもオカシイ感じで、彼は一応真面目に振舞っているようなのですが、 ほとんどギャグ のようでした(笑)

料理自体は、美味しかったです。
イギリス人シェフの料理が美味いだなんて、意外です。

みんな揃ってティスティングメニューを注文しました。

ホタテ貝から始まって、フォアグラとか、途中でチーズを選ばせてくれましたし( 別料金 取られたけどTT やはり腹黒紳士だな)

ピスタチオ尽くしとかも出てきて、美味しかったです。
(食べたけど、ピスタチオといえば、私は発がん性が気になります)

最後には、試験管入りのデザートが出てきて、発想が自由だなと。
美味しかったのですが、試験管の一つはなぜかヨウチン匂いがしました。
をいをい、一体なにを俺に食わせてるんだい、トム?(笑)

全体的に、満足できる料理で、良かったです。
フランス風英語を喋るギャルソンは、ちょっと何とかして欲しいです、可笑しすぎる(笑)。

< PREV  | TOP  | NEXT >
© Matsumasa Coropration Limited.